« DTCP-IPクライアントソフト | Main | デスクトップのwindow10マシンの覚え書き。 »

2016.02.23

Raspberry Pi

以前とはOSの入れ方がだいぶ変わってました。

ググれば出てきますが、一箇所ひっかかったので、取り合えず備忘録的に書いておきます。

(そもそも前の方法は書いてなかったりする^^;)

・SDカードを用意する。容量は8GB以上。
  (4GBを使いたいときは、公式が用意したNOOBSはLite版も含めて使えないので、ググりましょう)
・SDFormatterv4を使ってSDカードをフォーマットする。
  このとき、オプションの論理サイズ調整をONにする。
・NOOBS_v1_7_0をダウンロードして解凍。
・解凍したファイルをそのままSDカードに書き込み。
・SDカードをRaspberryPiに入れて電源ON!
・GUIが立ち上がるので、適当なディストリを選んでインストール。

   

この時、下のほうに言語を選べる欄がありますが、英語のままにしましょう。
    後で泣きを見ます(^^;

・ググると、たいていこの後raspi-configが立ち上がるように書かれていますが、いきなりwindowsライクなGUIが立ち上がります。 
・そのまま使うのも悪くないですが、とにかく日本語化しましょう
    私は「Raspberry Pi 2の文字コードを変更する(日本語の設定)」というwebのページを参考にしました。要点を下記に引用します。

===== 引用開始 =====
1. 日本語フォントをインストールする
sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
2. コンソールで日本語を表示するためのターミナルをインストールする
sudo apt-get update
sudo apt-get install jfbterm
3. 日本語に切り替える
sudo raspi-config

===== 引用終了 =====

以上、model B でも意外とGUIが使えてびっくりなひろべでした。

|

« DTCP-IPクライアントソフト | Main | デスクトップのwindow10マシンの覚え書き。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14163/63250848

Listed below are links to weblogs that reference Raspberry Pi:

« DTCP-IPクライアントソフト | Main | デスクトップのwindow10マシンの覚え書き。 »