« Fedora11復活 | Main | Fedora11でVMware player »

2009.11.03

Ubuntsuを動かしてみる

Fedoraマシンがトラぶったり復旧したり、HDDに赤信号が点いてたりtwitterに度ハマリして時間を食いつぶしたりと忙しい今日この頃ですが、ナマケモノのような歩みでpcの環境もいじってたりします。

メールのからみもあって、懲りずにまたFedoraマシンに仮想マシンを入れようとしております。最近VMware playerがバージョンアップして仮想マシンを作れるようになったと言うのも背中を押してくれました。

とはいえ いきなり本番というのも何だし、またFedoraがトぶのもいやだから予備も用意したいし、ってことで、windowsマシンで先に試して見る事にしました。そういうことなら当然ホストOSはwindows2000、ゲストOSはFedora11で決まりです。

そういう訳で早速作業を始めたのですが、なんとVMware player Ver 3.0はwindows XP以降にしか対応していません....初っ端から計画頓挫です。 仕方がないので MVware playerはVer.2.5にしたのですが、そうすると今度は仮想マシンを作れないという問題が。

で、ここで思い出したのがUbuntuには既に出来上がった仮想マシンがあるということ。最新版は9.04なのに対し仮想マシン版は8.04と少々古いで すが、まぁ大丈夫でしょう。 Fedoraみたいにアップデートしてるうちに勝手にバージョンまで上がってくれるかも知れないし(^^;

そんなこんなで、トラブルも無くwindows2000マシン上でUbuntuが動きはじめました。起動時にUSBスピーカを切って置かないとトぶのはご愛嬌(^^)
さて、明日は本命Fedora11マシンにVMware player Ver.3.0を載せてwindows2000の動作に挑戦。 前回のKVMのような不完全な状態にならない事を祈ろう。

|

« Fedora11復活 | Main | Fedora11でVMware player »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14163/46658380

Listed below are links to weblogs that reference Ubuntsuを動かしてみる:

« Fedora11復活 | Main | Fedora11でVMware player »