« April 2009 | Main | September 2009 »

2009.07.29

Fedora11にdiskを増設

前回のFedora11に仮想マシンで、diskの容量が足りず仮想マシンが作れないというヘマをしてしまったので、今回はdiskの増設

とりあえずSATAの空きdiskを目一杯(それでも2台 汗)用意、うち1台を接続。
試しにマシンを立ち上げてみる。うんうん、無事立ち上がった。
GNOMEデスクトップの「場所」メニューを開いてみると......ありゃ、なんにもしてないのに増設したディスクが見えるわ。 ダブルクリックしてルートパスワード入れると、何の支障もなく開いて使えるし。
fedora11ってNTFSで初期化したdiskも普通につかえるのね。(^^;

それじゃぁここに/home/の下からデータを移して増設完了.....
というのも芸がないし、なんとなくNTFSのまま使うの気持ち悪いし、読み書きが遅い気がするし(たぶん気のせい)、diskは2台用意したし。 ってことで、ちゃんとした? linuxのファイルシステムのdiskも増設してみることにする。参考にしたサイトは以前にもおせわになった
「はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -」さん


手順は以下の通り

まずHDDを物理的に接続。

次にパーティションを作成。 今回のHDDはsdaというデバイス名で接続されているので
$ fdisk /dev/sda
でfdiskをたちあげ。
  -コマンド"d"で今ある領域を削除。
  -コマンド"n"で新しい領域を確保。
      種別は基本領域
      領域番号は1
      最初シリンダはデフォルト(=1)
      終点シリンダもデフォルト(=最大値)を選択。
  -コマンド"p"で領域テーブルに新しく領域が出来ている事を確認。
  -コマンド"w"で領域テーブルをdiskに書き込む。
  -コマンド"q"でfdisk終了。

次にファイルシステムの作成。
$ mkfs -t ext3 /dev/sda1

これでファイルシステムが出来上がったので、次はマウント。
どうせなら/home/を拡張したいので、新しいディスクに/home/を移動しちゃいます。
まずは/home_bak/を作り/home/を/home_bak/に退避。
$ mkdir /home_bak
$ mv /home/* /home_bak/
次に/dev/sda1を/homeにマウント。
$ mount /dev/sda1 /home
そして/home_bak/に退避した/home/のデータをリストア。
$ mv /home_bak/* /home/

最後に、起動時に自動的にマウントされるように/etc/fstabを書き換え。
$ vi /etc/fstab
次の1行を最後に書き加えます。
/dev/sda1 /home ext3 default 1 2

 

以上で、無事diskの増設が完了しました。
これで、無事仮想マシンを作る事ができる......かな(?.?;

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.23

グルーガン

  1233879480_3s_4 以前、職場で使って面白かったもので、100円ショップで衝動買いしてたグルーガン。 あっためるのと冷やすのが面倒で使うのをためらっていたのですが、ン年越しで実践投入です。



 

1233879480_217_4   一つは、5V出力電池BOX。 携帯プレーヤの外付け電源として使ってたら、はめ込んだだけのコネクタがぐらついてきたので、固定のため。ついでに基板も固定。

もう一つは、以前ブレッッドボードで組んだLEDの点灯回路を基板に載せたので、ハンダ面の絶縁に。
使い終わった乾電池を使い切りたい! と思っちゃったので。

300円のガンと100円のグルーだからと馬鹿にしてたんだけど、結構しっかりくっつきますね。 それになにより........

ヌル~~~ンと絞り出てくるのがクセになりそう(^o^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.21

Fedora11マシンを遠隔操作(途中)

できたらいいなぁ。 マウスとキーボードを置き換えなくてもすむ?
ってことで、VNCを動かしてみることにしました。

今日もニコニコgoogleさんにお伺い。
今回参照させていただくサイトもこちらの
「はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -」さん

手順は以下の通り
まずはサーバ側の準備としてプログラムをインストール。
$ yum -y install vnc-server

次に、VNCサーバを起動し、画面サイズを1024x768にする。
$ vncserver -geometry 1024x768
パスワードを聞かれるので、入力する。
(パスワードを聞かれるのは初回のみ)

サーバ側の準備はひとまずここまで。

次にクライアント側の準備。クライアントマシンのOSはWindows2000.
RealVNCのサイトから「VNC viewer」をダウンロードする。
ダウンロードサイトはRealVNC - VNC Downloads
ここからwindows版のFree Edition Ver.4.1のzip形式をダウンロードして解凍。出来上がった実行ファイルをフォルダごと適当なトコに置けば、こちらも準備完了。

準備がととのったところでクライアントマシンのVNC viewerを起動する。
ウィンドゥが開くので、server欄に「DNS名かIPアドレス」 + 「:」 + 「ディスプレイ番号」と入力。
(ディスプレイ番号は、vnc-serverを起動した時に画面に表示されます)

すればよいはずなんですが.....動きませんねぇ。

いろいろ調べた結果、サーバマシンのファイアーウォールのポート開けなきゃいけないってことと、VNC viewerの起動時にserver欄に入力するのが「DNS名かIPアドレス」 + 「:」 + 「ポート番号」だったってことが原因。
vncのポートは「5900 + ディスプレイ番号」だそうで、その値で設定実行したら無事起動しました。
##参照したサイトメモし忘れちゃいました(--;

あとはログインアカウントを変更して、キーボードが効かないのを解決して....もうちょいってとこかな。

いまんとこここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.18

Fedora11に仮想マシン

一昨日に雑誌を立ち読みしていたら、aqemuを使えば簡単に仮想マシンが使えるとあったので、試してみることに。
##先日の画面の復旧が珍しくうまくいったので、ちょっと図に乗ってます

とはいえ、たかだか2頁のために雑誌を買うのもしゃくなので、きょうもgoogleさんにお伺い(^^;
予想通りというかなんというか、aqemuを使う方法を書いたwebサイトは見つけられなかったけど、これならできそうと思えるサイトがあったので、そちらを参照させていただく事に。 こちらの「賢者の漬け物石」さん

手順は以下の通り
まずプログラムをインストール。
$ yum -y install kvm qemu virt-manager
次に、libvirtd というサービスを起動する。
$ service libvirtd start

準備はこれだけ

後は「アプリケーション」メニューの「システムツール」から「仮想マシンマネージャー」を選択し起動。デフォルトで localhost という「接続 (またはホスト)」が用意されているので、その下に「仮想システム」を追加していく

.......いけばいいはずなんだけど、ディスクの空きがなかった(--;  ということで、昨夜の作業は中断。

はたして、うちのfedoraマシンで仮想マシンは動くのでしょうか。請う!ご期待!!!!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.13

廃棄物シリーズ

1224379311_37
使わない5VのACアダプターがあったので、USBコネクタをつけてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.10

Fedora11にtrlnet-serverをインストール

別頁に書いたように画面の解像度の変更をしなければならなくなったので、画面が出なくなった時のために telnet-server をインストールした。


参照させていただいたサイトはこちらの「はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -」さん

手順は以下の通り
まず
$ yum -y install telnet-server
をインストール。 次に、Telnetセキュリティの設定。
ログインできるクライアントを設定するため
$ vi /etc/hosts.allow
でファイル作成。
------ /etc/hosts.allow の中身 -------
# hosts.allow   This file describes the names of the hosts which are
#       allowed to use the local INET services, as decided
#       by the '/usr/sbin/tcpd' server.
#
in.telnetd : 192.168.1. 127.0.0.1
------ ここまで -------

『/etc/hosts.allow』で指定されたクライアント以外は全て拒否するため
$ vi /etc/hosts.deny
でファイル作成。
------ /etc/hosts.deny の中身 -------
# hosts.deny    This file describes the names of the hosts which are
#       *not* allowed to use the local INET services, as decided
#       by the '/usr/sbin/tcpd' server.
#
# The portmap line is redundant, but it is left to remind you that
# the new secure portmap uses hosts.deny and hosts.allow.  In particular
# you should know that NFS uses portmap!
in.telnetd : ALL
------ ここまで -------
次にtelnet-Serverを有効化するため
$ vi /etc/xinetd.d/telnet
でファイル作成。
------ /etc/xinetd.d/telnet の中身 -------
# default: on
# description: The telnet server serves telnet sessions; it uses \
#   unencrypted username/password pairs for authentication.
service telnet
{
    flags       = REUSE
    socket_type = stream
    wait        = no
    user        = root
    server      = /usr/sbin/in.telnetd
    log_on_failure  += USERID
    disable     = no
}
------ ここまで -------
最後にスーパーサーバ・デーモンを再起動
$ /etc/init.d/xinetd restart

ホントならこれで動くんだけど、実際はtelnet-server を yum したときに
File /var/cache/yum/fedora/metalink.xml does not exist.
とエラーが出てインストール出来ない。 これもグーグル様にお伺いをたてたところ こちらの「La Thinking Motion.」さんに解決法が載ってました。

fedora10からfedora11にアップデートした時は、
/etc/yum.repos.d/fedora.repo
の中の、mirrorlistをコメントアウトする必要があるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Fedora11の解像度変更

今朝 Fedora が載ってるPCを起動したところ、Fedora11 へ update しろというメッセージが。 最近トラブルもなく動いてたので、何も考えずに実行したところ......が、画面が~~~~~(>_<)

解像度が 800 x 600 なっちゃってます。

解像度はXが自動判別してくれるはずなのですが、このマザボ(DG45FC)のチップセットのグラフィックデバイスはなぜか誤認識してくれる模様。Fedora10をインストールしたときもリフレッシュレートを 60Hzにしか設定できず、system-config-display を使って変更しようとしても再起動後にまともに画面が表示されないありさまで、結局そんときは解決法は見つけられずに妥協したのでした。
で、今回またもやこれだ(- -;

やむなく system-config-display をインストールしてみることとして、まず画面が出なくなった時のために telnet-server をインストール。

## これもいろいろあったので、詳細は別途(^^;

他のPCからtelnetでログイン出来るようになったので、system-config-display をインストールして実行。 やはり解像度 800×600 以上には変更不可能。しかも再起動かけると、ブートの途中で画面が乱れたまま止まってしまうし。 ホントお約束通りだ(^^;

前回学習の成果でtelnetでログインは出来るので、起動できないのは「インストール直後には存在しない /etc/X11/xorg.conf が存在するからだ。」とアタリをつけて、/etc/X11/xorg.conf を削除して再起動。 無事起動することができました。 タマにはヤマカンも当たるもんだね。

結局振り出しに戻ってしまったので、再度グーグル様にお伺い。
こちらの「よたらぼ」さんに別の解決法が載ってましたので試してみました。

手順は以下の通り。
まず現在の設定を調べる。
$ xrandr
ここでいろいろと表示されるものの、肝心のVGA1のところに 設定したい 1152x864 がない。 そこで次にcvtを使って1152x864のモードを取得する。
$ cvt 1152 864
すると、Modeline行が表示されるので。それをそのまま使って新しいモードを作る。
$ xrandr --newmode "1152x864"  81.75  1152 1216 1336 1520  864 867 871 897 -hsync +vsync
$ xrandr --addmode VGA1 "1152x864"
これでVGA1に1024x768のモードが追加できたので、実際に試してみる。
$ xrandr --output VGA1 --mode "1152x864"

無事表示された!
リフレッシュレートはあいかわらず60Hzだけど、まぁ今回もいいか。

あとはこれを毎回打ち込まなくて済むように、/etc/gdm/Init/Default に書き加える。 場所は一番最後の "exit 0" の行の前。

おわった~~~~~orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | September 2009 »