« 掘り出し物? | Main | Fedora11にtrlnet-serverをインストール »

2009.07.10

Fedora11の解像度変更

今朝 Fedora が載ってるPCを起動したところ、Fedora11 へ update しろというメッセージが。 最近トラブルもなく動いてたので、何も考えずに実行したところ......が、画面が~~~~~(>_<)

解像度が 800 x 600 なっちゃってます。

解像度はXが自動判別してくれるはずなのですが、このマザボ(DG45FC)のチップセットのグラフィックデバイスはなぜか誤認識してくれる模様。Fedora10をインストールしたときもリフレッシュレートを 60Hzにしか設定できず、system-config-display を使って変更しようとしても再起動後にまともに画面が表示されないありさまで、結局そんときは解決法は見つけられずに妥協したのでした。
で、今回またもやこれだ(- -;

やむなく system-config-display をインストールしてみることとして、まず画面が出なくなった時のために telnet-server をインストール。

## これもいろいろあったので、詳細は別途(^^;

他のPCからtelnetでログイン出来るようになったので、system-config-display をインストールして実行。 やはり解像度 800×600 以上には変更不可能。しかも再起動かけると、ブートの途中で画面が乱れたまま止まってしまうし。 ホントお約束通りだ(^^;

前回学習の成果でtelnetでログインは出来るので、起動できないのは「インストール直後には存在しない /etc/X11/xorg.conf が存在するからだ。」とアタリをつけて、/etc/X11/xorg.conf を削除して再起動。 無事起動することができました。 タマにはヤマカンも当たるもんだね。

結局振り出しに戻ってしまったので、再度グーグル様にお伺い。
こちらの「よたらぼ」さんに別の解決法が載ってましたので試してみました。

手順は以下の通り。
まず現在の設定を調べる。
$ xrandr
ここでいろいろと表示されるものの、肝心のVGA1のところに 設定したい 1152x864 がない。 そこで次にcvtを使って1152x864のモードを取得する。
$ cvt 1152 864
すると、Modeline行が表示されるので。それをそのまま使って新しいモードを作る。
$ xrandr --newmode "1152x864"  81.75  1152 1216 1336 1520  864 867 871 897 -hsync +vsync
$ xrandr --addmode VGA1 "1152x864"
これでVGA1に1024x768のモードが追加できたので、実際に試してみる。
$ xrandr --output VGA1 --mode "1152x864"

無事表示された!
リフレッシュレートはあいかわらず60Hzだけど、まぁ今回もいいか。

あとはこれを毎回打ち込まなくて済むように、/etc/gdm/Init/Default に書き加える。 場所は一番最後の "exit 0" の行の前。

おわった~~~~~orz

|

« 掘り出し物? | Main | Fedora11にtrlnet-serverをインストール »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14163/45587548

Listed below are links to weblogs that reference Fedora11の解像度変更:

« 掘り出し物? | Main | Fedora11にtrlnet-serverをインストール »